竹取コンプレックス

両目を細めてみたのだけれど、私は何も持っていないらしい。

お金も無い。記憶も無い。地位も名声も何も無い。
小さな猫すら持っていた名前でさえも私は持って無かった。

空を見上げれば星がある。
それから今日は月喰らしい。
丸い月は徐々に夜に犯されて、私は空を見つめた。
あの場所は、見覚えがある。
いびつに欠けた月を見て思う。
右手を伸ばす。月へと伸ばす。
宵風は冷たく頬を掠めて、伸ばした髪は重たく揺れる。
実は案外この世界は、汚いものなのかも知れない。
此処から逃げたい。何処か遠くに。黒い影は刻々とあの月を包み隠していく。
黒い空に向かって身を乗り出す。開け放した窓際、カーテンが揺れた。
淡い光が私を包む。私は月迄歩いてゆける。
そう確信して、一歩踏み出す。
私には何も無いのだけれど、それでも私は存在するの。月迄歩いていける事は、まさにその証拠でしょ。
口許が微かに綻ぶ。
私の居場所は此処には無い。
けれどあそこにならあるかも知れない。
手を伸ばした所で届かない満月は柔らかい光で包んでくれた。
私には何も無い。
所詮ただその程度だと思っていた。
今なら行ける。
何処へでも行ける。
お気に入りの枕を片手に持って、月への道を歩いていくのだ。
桟へと足をかける。
怖いもの等何も無い。
さようなら。
何もかも、さようなら。
私は月へと飛んで逝く。
一歩、二歩、三歩。月へと続く道はどんどん狭まり細くなり、やがては息を潜めた。
私は立ち止まる。
殺した様に真っ暗闇で何も無い。
誰かが嘲る声が、耳の奥で響いた。
そして何も無い。

 

著作権表示

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です