椿姫

「いってらっしゃい、あなた」
彩子は薄紅色した唇を緩く左右に引いて笑った。
真弘の乗るジープの後ろでひらひらと右手を振って見送る。
「……何が目的だ。慰謝料なら払うと言っている」
苦渋に満ちた真弘の声が、開け放した運転席の窓から薄暗い車庫へと響く。
彩子とは対照的に、ほりの深い彼の眉間には更に深々と皺が刻まれ、ハンドルを握り締めた両手が痛いほど軋んだ。
「目的も何も、あなた。夫を妻が見送る事になんの問題があって?」
「うるさい! それなら一体これは何の真似だ!」
「私とあなたを繋ぐ赤い糸。なーんて、それっぽいものよ」
おどけた彩子は肩を揺らしてせせら笑い、彩子の首とジープのトランク部を繋ぐ一本のワイヤーを指先で弾いた。
ピンと張られたそれは、音こそ立てはしなかったものの小刻みに振動が伝わり、揺れ、そして止まる。
「真弘さん、由里子さんとの仲は順調のようね。よかったわ」
「……」
「私も好きな人との赤ちゃんが、作れる身体だったら良かったのにね」
「彩子!」
「早く病院に行ってあげて? 由里子さんのためにも、赤ちゃんのためにも」
「……それなら、彩子。ワイヤーを外すんだ」
「それは出来ないわ。私はあなたを愛してるんだもの」
ジープの後ろに立ち続け、バックミラー越しに重なる視線。
穏かな彩子の表情に真弘はゾッと鳥肌が立った。
ただただ微笑む彼女、首に細いワイヤーを結んで。
背中を冷たい汗が零れ落ちる、手の平がズルズルと滑る所為でハンドルが上手く握れない。
固くブレーキを踏み込む真弘の右足が、小刻みに、確かに震えていた。
大きく息を吸い込む。ゆっくりと身体の力を抜く。
バックライトの赤い光が、彩子を照らすのを止めた。
「さあ、あなた。アクセルを踏んで。病院に行って。由里子さんに、お元気でねと、伝えてね」

 

著作権表示

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です