愛情トランシェンス~Love is transience.

その昔……といってもほんの数年前だけど、誰かがこんな事を言っていた記憶がある。

真っ白い部屋に机が一つ、小さめの小洒落た白いレースのテーブルクロスが掛けられている。それを挟んで向かい合う形で並べられている独り掛けのソファ。そのパステルグリーンのクッションの上に私が静かに腰を下ろすと、柔らかくも固くもなく、冷たくも温かくもない温もりがそっと背後から優しく抱き止める。
もう一方のソファに座っている誰かの顔は、逆光で黒い影しか見えない。その人の背中にある大きな窓から差し込む白い光のコントラスト。浅くソファに腰を掛け、膝に肘を置いて緩く組んだ両手で口許を隠しているその人から、私はただただ漠然とした根拠の無い穏やかな視線を感じた。
その人は改めて座り直して、静かにその口を開く。発せられた言葉はとても明瞭で澄んでいて、そこでようやく私はその人が大人の男性であると気付いた。淡々としながらも柔和で、そしてとても真摯な彼の言葉は、真っ白い部屋の空気を殆んど揺らさずに私へと届く。

『人として、やってはいけない事が三つある。一つは、他人を傷つけること。二つ目は、物を壊すこと。そして三つ目は、自分自身を傷つけることなんだよ』

当時の私は、その意味が理解出来ずに、ただ適当な相槌を打ちながら視線だけ明後日の方角を探していた気がする。現実か、あるいは夢なのか。夢にしたらやけにリアリティ溢れる夢だなと、時々ふとこの事を思い出す。それは大抵、自分の左腕をがむしゃらに切り刻んだ後だった。

初夏とはいえ、まだ肌寒いこの時期。湿気が多いといえばいいのか……暑さと寒さの明確な違いにさえ戸惑いを覚える時がある。こういう時のデートは正直にいって、苦手だ。服選びに迷う。春服と夏服の中間服を売っている店がもしもあるならば、是非とも私に教えて欲しい。そう思いながら青いTシャツの上に黒いワンピースを着た。昨晩の記憶はかなり曖昧なのだが、ゴミ箱は茶褐色のティッシュペーパーで溢れ返り、左の手首から肘までの間には数えるのが面倒になる程の剃刀跡が赤黒くはっきりと残っていた。
これを見たらまた光弘は激昂するんだろうなぁ……と、何気無く考えて手に持っていた七部袖のパーカーからネイビーのカジュアルなジャケットへと返る。このジャケットなら袖が手の平半ばまであるから、見つかる事はまずないだろう。
光弘は私が自傷をすると怒る。散々怒鳴り、叫び散らして外へ飛び出す。しばらくすると肩を落としてすごすごと戻ってきて、そして泣きそうな声で言うのだ。ただ一言、「ごめん」と。そこに残るのは私の一方的な優越感でも光弘の罪悪感でも何もない。どちらからかと言葉を発する事も無く、ただ流れていくぎこちない空気。そして私たちはその現実から目を背けるように互いに貪るように抱き合って眠る。光弘はその時に必ず、私の左腕に刻まれた傷跡のひとつひとつに触れるだけの軽い口付けをした。「自分は愛されている」のだとその都度私は再認識して、喉奥に酷い熱を持つ。
そうこうしている間に、ピンポーンとインターフォンが鳴った。続け様にコツコツコツと微かに響く三回のノック。そして、静寂。
私は着替えも化粧も済ませ(元々化粧類は好きではないのだが)バッグに携帯と財布を押し込んで玄関のドアを開ける。大型犬のような影と、黄色がかった八重歯を口から覗かせた明るい笑顔が青空を背に背負って立っている。

「グッドモーニン! 美雪」

もう十三時を回った時計。相変わらずのハイテンションだなと私は眉尻を下げて微笑む。今日のデートは、光弘からの提案だった。二人揃いのグラスが欲しいと、三日だか四日だか前に突然騒ぎ出したのだ。きっとこいつの事だから、何かの漫画かドラマの影響でも受けたんだろう。断る理由も特に無かったしその時は自分もあっさりと了承したのだが、さていざ当日になってみると、どうにも気分が乗らない。昨晩一体何があって私は剃刀を手にしたのだろう。そんな疑問が背後から付き纏い、どうしても落ち着かないのだ。切り刻んだあの後、ビールで睡眠薬を十数錠飲み干した。それは覚えている。どうにでもなれば良かった。いっその事そのまま死にたかった。そんな事を考えていたのも、薄らぼんやりと覚えてはいる。そんな自業自得の所為もあってか、記憶は殆んど皆無に等しくてついつい失笑する。”嫌な出来事は忘れる”人間の脳味噌は本当に、なんてハイテクに出来ているんだろう。
ミュールを履いて外に出た。昼過ぎの風は生暖かくて素足をそっと撫でて去っていく。光弘の話に適当な相槌を打ちながら、彼が事前に目をつけていたという雑貨屋へと二人歩いて向かった。休日の雑踏の中でも大柄な彼はよく目立ち、私は顔を上げ、光の眩しさに双眸を細める。口達者な彼の話題は決して尽きる事無く、何と無く、自分はいつも相槌ばかりだなと一人哀愁に浸ってみたりした。街路樹の新緑が風に吹かれて揺れる様子は、行く川の流れに何処か似ていた。
相変わらず光弘は楽しそうに言葉を発する。私はそれを見て微笑み、時折頷き返事を返す。よく考えたら自分達は、ただそれだけの関係なのかもしれない。
二人で一緒に入った店は、小さな手作り風の小物やアクセサリーの類がメインらしい、小ぢんまりとした可愛い所だった。窓枠は丸く、十字の格子が入っている。ピンクのチェリー柄のカーテンをよくわからない生き物のぬいぐるみストラップで止めていた。それほど広くない店内の中に二、三人の女の子のグループがちらほらと棚と棚の隙間から見え隠れする。
光弘らしくない。そう思った。てっきり百円ショップだの、得体の知れない奇怪な雑貨屋などに連れて行かれると思ったのに。

「これ、どうだ? 俺らのペアグラスにさ」

意気揚揚とした様子で、光弘が私に見せたのは何処にでもありそうなガラス製のコップだった。だいたい真ん中くらいの場所に、疎らな大きさのドットがぐるりと一周ラインを作っている。ブルーとピンクの二色。光弘はそれに手を触れないで、じっと私の反応を見ている。ふっ、と何ともいえない笑いが零れた。

「いいんじゃない?」

微笑と共に彼を見上げて一言、賛辞を私は口にする。光弘が大きく息を吸い込んで、僅かに肩が上がったのがわかった。嬉しそうな笑顔、太陽みたいだと内心思って即座に目を閉じた。違う。太陽なんかじゃない。太陽だなんて使い古された綺麗な言葉ではない、かといって他に形容する言葉も見当たらない……説明のつかない違和感が心の中で蠢く。まるでムカデが私の胃袋の中を這い回り、食道へと登ってくるような……不快感に近いのだ。

「……あ、そうだ。お金……」
「いいよ、俺が払う」

財布を出そうとする私の左手を光弘がそっと押さえた。瞬時に息を飲む。思い出す、彼の怒鳴り声。そんな私にまるで気付かずにすっかり上機嫌で光弘は緩く首を振って、にこにこと笑っていた。

「俺が欲しくて買うんだし」

それだけ言い残して私から手を離し、代わりにグラスをそっともってレジへと歩いていってしまった。自分も着いて行くべきだろうかと、一瞬悩んだがそれは止めにした。代わりに並んだ小さな雑貨類を眺めて暫く一人店内をぶらつく。おもしろいものなど、そこには何も無かった。
会計を終えた光弘が私を探して店内を見渡している。棚の上から彼の頭が見えるのだ。私はそれに気付くと、緩慢な足取りでそちらへと方向を買えた。

「満足?」
「ああ! すッげぇ超満足」

心底嬉しそうな光弘の返事に、よかったね。とだけを付け足して、また二人揃って店を出る。
その時突然、ふざけて走り回っていた幼い男の子が私に思い切り体当たりしてきた。いきなりの衝撃に思わずふらついて傍らの光弘へと寄り掛かる。彼は慌てて私の肩を抱き止めた。ひんやりとするのは、流れる風が冷たいせいじゃない。男の子は泣きながら、母親の元へと走っていく。残されたのは飲みかけのコーラが乾いたアスファルトに広がっていく微かな炭酸の音。すぐに母親が私たちの所に来て、何度も何度も頭を下げた。泣きべそをかきながら男の子も、ごめんなさいと謝った。光弘は私の肩を抱いたまま、大丈夫ですよだなんて言ってる。そんなどうでもいい社交辞令よりも、腹部が汚れたジャケットよりも、私はただ、アスファルトの上をゆっくりと宛ても無く広がっていくコーラを、浮かんでは弾けて消えていく、二酸化炭素を茫然と眺めていた。

「美雪、大丈夫か?」
「……うん、ちょっと冷たいだけ」
「ったく、親も気ィつけろよな」
「寄り道しないで今日は帰るね」

愚痴には何も答えずに一方的に会話を終わらせる。二人で黙々と、私のマンションへ向かって歩いた。玄関の前で、私は彼の前に立つ。

「……今日は、ありがと。それじゃあ……」
「コップ、見ないのか?」

あぁ、そんなものもあったっけかと、思い出すまでに暫し時間を要した。此処で首を縦に振ったらと、その後を想像して溜息が出た。

「……散らかってるよ」

呟くよりも小さな声が、彼に届いたのかは知らない。私は背を向けドアの鍵を開け中に入る。後に続いてくる大きな足音は、「こっちいるから」と短く告げてキッチンへと入る。キッチンといっても部屋とは何の境も無いのだがとにかく彼は私に背を向けて、早速買ってきたばかりのコップを開いているようだった。1LKの部屋で私はベッドに腰かける。代わりに着れるものはないかと箪笥を漁って、部屋着だがパーカーを軽く羽織った。幸い、ジャケット以外に被害は無かった。
キッチンに入ると、窓際に軽く水洗いされたペアグラスが二つ、水滴が夕日を反射して眩しく輝いていた。少しだけ、綺麗だと思った。
黙って二人並んでそれを眺めていたら、突然光弘が口を開いた。

「美雪……、お前、また切っただろ」

言葉の意味が理解出来ずに私は瞬きさえ忘れ固まる。散らかった部屋――ゴミ箱から溢れ返る茶褐色のティッシュペーパー、飲み捨てたビールの空き缶、血がこびり付いたシンクと剃刀……何もかもが家を出る前と変わっていない。私が何も言えないでいると光弘は、私の喉頚をガッと強い力で締め付けてそのままキッチンの壁に押し付ける。後頭部に走る鈍い痛み。麻痺した思考回路は『抵抗する』という言葉を忘れてか、私はまるで人形のようにされるがままにパーカーを奪われた。晒しだされる、鮮明な傷跡。自分で勝手に抜糸した古傷、茶色く薄くなった過去、全てが夕日に照らされて光弘の黒い瞳に映る。

「もう切ったりしねぇって前約束しただろうが!」

糸が切れたかのように、先程の笑顔からは想像もつかないような怒声が響く。
それに対する私の反応は、何故だか自分でも酷い程に淡白で、勝手に唇が紡ぐ言葉は普段よりずっと、ずっと多かった。

「……ごめんね。破っちゃった」
「破っちゃったーじゃねぇだろうが! もう何回目になんだよ」
「わかんない」
「ふざけんな! テメェ、好い加減にしろよ、もう二度と切るな!」
「あぁ……多分、無理だよ」
「次また切ったらもう別れるからな!」
「そう言って、あんたにあたしの自由を奪う権利でもあんの?」

その途端私の喉頚は解放され、ガクンと膝が折れたように座り込む。頭上で鳴った派手な透明な音、私に降り注ぐ粉々になったガラスの破片。そのまま光弘は私の家から飛び出していった。たぶん、いやきっと、もう二度と帰って来る事はないんだろう。
ガラスの破片を浴びて私は残った窓際にぽつりと残されたピンクのコップと同じ様に夕日を反射してきらきらと光った。左の腕の傷が開いて、血がまた少しずつ滲み出た。形ある物はいつか壊れる。久しくとどまるためしなし……か。夕闇と静寂が静かに辺りに満ちる。

「ふ、ふふっ、ははっ、はははははは、アハハハハハハハハハハハハハハっ」

私は天井を見上げて両手で顔を隠してながら、大きな声を上げてその日、初めて心から笑った。

 

著作権表示

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です